2020年11月06日

獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパーク]Y:石田衣良

年末調整、できたあああああああああ。
しかし、裏の説明読んでもさっぱりなのに、それを人に同じことを説明してもらうとわかるというのは、どういう現象?
…単に読んでないだけ?









今回、手を取る前にこれ読めるかなあ、とちょっとためらった。
表題作の「獣たちのコロシアム」のあらすじを読んだら、ちょっと自信なくて。

続きを読む
posted by 棗 at 19:00| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

ネヴァー・ゲーム:ジェフリー・ディーヴァー

そういえば、昔の私はびっくりするほど夢中になってゲームをプレイしてたな。
今はそんなに時間がないとか、ゲーム機高いよ、とかいろいろあるけど、一番の理由が目が疲れるだったりする…。




 姿を消した人間を追跡する名人、コルター・ショウ。失踪人や逃亡犯に懸賞金がかけられると、彼は現地へ赴いて調査に着手する。つねに冷静に状況を分析する明晰な頭脳と、父に叩きこまれたサバイバル術で多くの事件を解決してきた。今回ショウはシリコンバレーに住む男の依頼で、失踪した娘を探すことになった。カフェを出たあと、忽然と姿を消した彼女は無事なのか? どこにいるのか? 非協力的な警察に悩まされながら調査を続けるショウは、事件の背後にはビデオゲームが絡んでいることを知る。
 被害者を誘拐し、『ウィスパリング・マン』というゲームを模倣して監禁する犯人〈ゲーマー〉。刻々と死の迫る被害者たちの居場所を突き止め、彼らの命を救うために知力と体力を尽くすショウ。犯人は誰なのか。単なる愉快犯なのか。あるいは何か隠された動機があるのかーー? 
 懸賞金を求めて難事件に挑み、不可解な死を遂げた父の謎を追う名探偵コルター・ショウ。リンカーン・ライム、キャサリン・ダンスに続く新ヒーロー誕生。時限爆弾のようなサスペンスに意外な真相を仕掛けたシリーズ第1作。



リンカーン・ライムやキャサリン・ダンスのように捜査関係者ではなく、民間人のコルター・ショウが主役の新シリーズ。
前作のライムシリーズのあとがきでちょっとだけ触れられてて、すごい楽しみにしてた(とてもじゃないけど原書には挑めなかった…)。
プロの人捜しで、捜査関係者ではない人が主役っていうのはどうなのかと思いながら読み始めたけど、このコルター・ショウもまたなかなか魅力的なキャラクターですよね。
高すぎるサバイバルスキルに、いまある状況を冷静に分析する能力、豊かな人脈。
そしてなによりも、字がきれいな男。
もうそれだけで、ハートを打ち抜かれたわ。
愛用の万年筆で小さめできれいな字でメモを取ってる、たくましく男とかどうなんだよ、そのギャップ!
今回は、ゲームがキーワードになってる事件があって、その一方でショウが長年追ってる謎もまたちらちら顔を出してて、このシリーズも続きが待どおしい。

posted by 棗 at 20:57| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

マキとマミ〜上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話〜3.4:町田粥

その昔、初代アンジェリークをプレイし(ゼフェル推し!)、某新聞記者さんの声聞きたさにPSPを購入し、ネオロマイベント参戦したものとして、今回のアンジェリークの新作発表には感動しかない。
…ん?初代アンジェリーク、何年前だっけ?ハードはSFCだった…?



ーあの時は知らなかった。好きなものを好きだと言えることは、こんなにも嬉しい。コラボグッズ、コラボカフェー(妄想含む)。魂と引き換えてでも自ジャンルの活性化を望むマミたちの日常は、今日もときめきとざわめきで大騒ぎ。3巻ではマキさんがはじめて同人誌制作&イベントに初サークル参加!?わかりみが深い!!大人気オタク女子あるある漫画。



職場の新人さんが最初に自己紹介で「趣味はアニメ鑑賞です」とオープンに語ってるのを見たとき、時代は変わったなと…。
正直、大丈夫?いじめられたりしない?って心配になったのはホント。



続きを読む
posted by 棗 at 21:33| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

第九代ウェルグレイヴ男爵の捜査録:エマ・ジェイムソン

えーとうちの仕事場、いつになったら冷房つくの?




由緒ある英国男爵家の生まれにしてロンドン警視庁に勤めるヘザリッジ警視正は、もうじき還暦を迎える。人生の区切りとして引退も視野に入れ始めていたその矢先、思いがけずはねっ返りの若き女刑事を部下につけることに。さっそく高級住宅街の屋敷で主の富豪が撲殺されるという事件が起き、二人で現場に向かうが……。最高にダンディな異色の警視正登場! ヘザリッジ卿、50代最後の事件。


ミステリー読みたいと思って買った本がサイコミステリばっかりで、読んでて気がめいってしまって、もうちょっと軽めのお願いします…と思って買った本。
というか、喪失のブルースという別のハーパーコリンズの本読み終わったら、「次の巻はこれ!」とkoboさんが推してきたという。(レーベル的には続きなんだろうけど)
まあおかげで大正解引き当てたので、よしなのですが。

すっごい気に入ったから、続き〜と思ったけど、翻訳出てない!ハーパーコリンズさん、お願いしますよ!


続きを読む
posted by 棗 at 20:28| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

生物学探偵セオ・クレイ 森の捕食者:アンドリュー・メイン

Dlife終了で、寂しくなった…。
でもそれ以上にHawaii Five-0のファイナル発表に打ちのめされた。



モンタナ山中での調査からモーテルに戻ってきた生物学者セオ・クレイは、突如警察に拘束された。かつての彼の教え子が、無残に切り刻まれた死体となって近隣で発見されたのだ。セオの嫌疑はすぐに晴れ、検死の結果、犯人は熊とされた。だがセオはその結論に納得せず、独自の調査を始めるのだった―カオスの中に秩序を見出す!生物情報工学を駆使して事件を解決する天才教授セオ・クレイの活躍を描く、シリーズ第一弾。



図書館閉館中に、なにかないかなと探してて見つけた本。
電書便利!(今更)

続きを読む
posted by 棗 at 09:54| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

白銀の墟 玄の月:小野不由美

Dlife終了のお知らせに絶望してる。



戴国に麒麟が還る。王は何処へ──。乍驍宗が登極から半年で消息を絶ち、泰麒も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎は慶国景王、雁国延王の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。──白雉は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!



正直言って、このシリーズの続きが読めるとは思ってなかった、感無量。

十二国記といえば、最終ページがすべてではあるんだけど、今作ほどそこを読みながら思うことがたくさんあった作品はなかったなと。
十数年前はそこまで思いがいたらなかったのもあるんだろうけど。
あの簡潔な言葉の間に、どれだけの命が失われたのか、だれがどんな思いでいたか、それを思うと、改めて王の存在のすごさに圧倒もされる。
そして、その王を支えているのもまた人なんだなと。


続きを読む
posted by 棗 at 11:15| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官:川瀬七緒

腕立て伏せが一度もできなくて驚いた(みんなで筋肉体操の本買った)



東京・杉並区で男性の腐乱死体が見つかり、法医昆虫学者の赤堀と岩楯刑事が司法解剖に立ち会うことになった。岩楯の相棒となる深水巡査部長、高井戸署署長、鑑識課長らも同席するなかで、大柄で肥満した遺体にメスが入れられていった。と、そのとき、立会人たちが発疹や出血、痒みに襲われ、感染症の疑いでパニックが起きる。岩楯らは隔離されるが、赤堀には心当たりがあった。赤堀は騒ぎの原因を解説し、殺人と推定された被害者の死亡推定月日に迫ろうとする!



あいかわらずの赤堀さんやっぱいいなあ、その子どもみたいな見た目と言動、そのくせあれで案外したたか。

このシリーズ、赤堀さんのあいかわらずのキャラや、岩楯刑事の相棒の人となり、事件以外にも読みどころ満載で(もちろん虫関係のうんちくも)一気によんでしまうのだけど、個人的には、赤堀さんと岩楯刑事の相棒ぶりを堪能というか。
いいコンビだなといつも思ってる。
posted by 棗 at 21:06| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

星条旗の憂鬱 情報分析官・葉山隆:五條瑛

CSI:NYのフラックとマクガイバーのジャックの吹き替えが同じ声優さんということに衝撃を受けてたんだけど、クリマイのモーガンとCSIのホッジスが同じということにさらに驚いた。
プロのお仕事、まじですごい…。




鉱物シリーズ出てただなんて知らなかったよ!
と、いうことであわてて買ったんだけど、あのAmazonででてる個人出版というかたちのアレ!あれもそうなのね…。
出版社から出なかったという事実に、いろいろ深読みしてしまうではないか…。
あれもさっそく買わねばならぬ。

続きを読む
posted by 棗 at 21:39| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

パリ警視庁迷宮捜査班:ソフィー・エナフ

かわいい刺しゅう、へたくそ選手権したら、優勝できる…。



六カ月の停職から復帰したパリ警視庁警視正のアンヌ・カペスタンは、新結成された特別捜査班を率いることを命じられる。しかし、あてがわれたオフィスは古いビルの一角。集められたメンバーは、売れっ子警察小説家(兼警部)、大酒飲み、組んだ相手が次々事故に遭う不運の持ち主など、警視庁の厄介者ばかり。アンヌは彼らとともに、二十年前と八年前に起きたふたつの未解決殺人事件の捜査を始めるが、落ちこぼれ刑事たちの仕事ぶりはいかに…「フランスの『特捜部Q』」と評されるコミカル・サスペンス、開幕!



ハヤカワさんの本を読んでたら、「電話帳?」と言われたことがあります。



続きを読む
posted by 棗 at 09:35| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

ザ・プロフェッサー:ロバート・ベイリー

新元号対応、私には関係ないと思ってたんですよ…。(今大変なことになってる)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・プロフェッサー (小学館文庫) [ ロバート・ベイリー ]
価格:1047円(税込、送料無料) (2019/4/13時点)



アラバマ大学の教授トムは、元大学フットボールの全米王者。弁護士として活躍した後、母校の法学者として順風満帆な人生を送ってきたが、いまは絶望の中にいた。癌で妻を失い、信頼していた友人からの裏切りに遭い、不名誉な罪を着せられて職を追われ、さらにトム自身も膀胱癌に冒されていることが判明。昔の恋人から「娘一家を奪ったトレーラー事故の真相を知りたい」と相談されるが、教え子のリックに弁護の橋渡しをして故郷に身を隠してしまう…。正義をあきらめない者たちが、死力を尽くし人間の矜持を賭けて法廷で闘う。全米で話題の胸熱リーガル小説!



権力と金にモノを言わせて、事故を隠蔽したい大企業と、身も心もぼろぼろの崖っぷち大学教授とその教え子の売れっ子ではない弁護士コンビの物語。
いやもう絵に描いたようなあくどい会社側のやりくちに心底腹が立つけれど、どんな状況に追い込まれても不屈の精神で、不利な状況をひっくり返していくトムたちがほんとに読んでてすごく爽快。
トムは、突然たくさんのものを失い、心身ともに疲れ果て何もかもをあきらめたがっていたけれど、彼が何年もかけて育てていった教え子たちは、彼を見捨てたりしない。
彼の人生を一度はすべて否定し蹴散らした人たちを見返すかのように、彼の育てた人たちはそれに答えるかのように彼を支えている。
その優秀な教え子の一人のボーが、すごく素敵なキャラなんだけど、次巻の主人公らしいので、翻訳版が楽しみ。
トムとリックのコンビの活躍もまだまだ読みたい。

posted by 棗 at 11:59| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

マキとマミ〜上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話〜:町田粥

ヘルハイの4巻読み終わって、ちょっと魂抜けちゃってる…。






今推しジャンルがある人も、公式からの供給が途絶えた人も、隠れ傷つく全国のオタにおくる社会人オタクライフコミック。隠れオタあるある満載。オタクへの憧れと理想と劣等感が詰まった本。



まるで共感しかないおたくあるある。
その昔がっつり某バスケマンガにはまってたときのこと思い出して、わかるー…と。
ほんとにあのころこれだけSNSが普及してたら、私どうしてたかなあ。
私の愛したSとKでツイートがすごい流れてたかしら…とちょっと思いをはせてみたくなる。
私はきっと気持ち悪いくらい愛を語っただろう…(遠い目)


続きを読む
posted by 棗 at 21:06| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

2018年の読書記録

小説29冊+マンガ10冊=合計39冊

続きを読む
posted by 棗 at 01:00| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

シャドウ・ストーカー:ジェフリー・ディーヴァー

なんでKindleだけなのー、隠蔽捜査シリーズの「空席」。
この世には、Kindle以外の電書端末ユーザーいるんですけど…。






キャサリン・ダンスの友人で人気歌手、ケイリーはストーカーに悩まされていた。メールアドレスを変えても頻々とメールを送りつける男エドウィン。彼が数日後のコンサートに現れるという。ダンスが事態の対応に乗り出した矢先、ケイリーの側近が殺害された…。いかなる嘘も見抜く“人間嘘発見器”キャサリン・ダンス第3作!



ライムシリーズはずっと読んでたのに、なぜか手に取ってなかったキャサリン・ダンスシリーズ。
まあなんとなく読まなかった理由はわかってたんだけど、ためしにと思って読んだら、話自体はずごく面白かった。
さすが、ディーヴァー。
あいかわらずのどんでん返し。


続きを読む
posted by 棗 at 21:14| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

ブラック・スクリーム:ジェフリー・ディーヴァー

雪豹さんからHigh Sierraにようやく乗り換えた。
一番気が重いと思ってたデータ移行が超楽ちんでびっくり。
そして今何より辛いのは、かわせみ!かわせみどうなったの!
変換がおかしい…。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラック・スクリーム [ ジェフリー・ディーヴァー ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2018/10/23時点)

楽天で購入


ニューヨークで起こった誘拐事件の犯人、自称“作曲家”が国外に逃亡、名探偵ライムと刑事アメリア、介護士のトムの3人はあとを追ってナポリに渡り、現地の警察と共同で捜査を開始するーほぼ全編がイタリアで展開する最新作は、シリーズのファンが「こうでなくちゃ」と快哉をさけぶ場面が満載。名探偵ライムが証拠とロジックで快刀乱麻の名推理を導き出せば、アメリアは凶行を阻止するために車を疾走させ、死地へと飛び込む。もちろん大規模ドンデン返しも待ち受けています。



最近のライムはずいぶんとアクティブだなあとは思ってたけど、まさかのイタリア編。
そしていつものメンバーとはちょっと違う、イタリアの警察の面々。
そのなかでもエルコレはいい味だしてるキャラでまたの登場期待したくなる。


続きを読む
posted by 棗 at 19:33| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

ボーンコレクター:ジェフリー・ディーヴァー

光の庭を読み返して、大泣きですよ。


ボーン・コレクター 上 (文春文庫)ボーン・コレクター 下 (文春文庫)
ケネディ国際空港からタクシーに乗った出張帰りの男女が忽然と消えた。やがて生き埋めにされた男が発見されたが、地面に突き出た薬指の肉はすっかり削ぎ落とされ、女物の指輪が光っていた…女はどこに!?NY市警は科学捜査専門家リンカーン・ライムに協力を要請する。彼は四肢麻痺でベッドから一歩も動けないのだが…。


映画ボーンコレクター見て、それはもうすっかりハマってしまって、町の本屋であちこち探して手に入れた思い出。

続きを読む
posted by 棗 at 09:56| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官:川瀬七緒

BANANAFISHのトレーラー見てたら、スマホが出てきて驚いたのなんのって。



4062210215紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官
川瀬 七緒
講談社 2018-04-26

by G-Tools

東京都内の古民家で、おびただしい血痕と3本の左手の小指が見つかった。住人の遠山という高齢夫婦とその客人のものと思われたが、発見から1ヵ月経っても死体は見つかっていない。いっこうに捜査が進展しない中で岩楯警部補は、相棒の鰐川と事件現場を訪れ近所の聞き込みを始める。他方、法医昆虫学者の赤堀は科捜研を再編成した「捜査分析支援センター」に配属されていた。法医昆虫学と心理学分野、技術開発部の三つが統合された新組織だ。所属のせいで事件現場には立ち入れなくなったものの、同僚のプロファイラーと組んで難事件に新たな形で挑戦を!



なんかもうスーパーで買い物する時、すごく添加物が気になってしまうじゃないか…。



続きを読む
posted by 棗 at 17:26| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

ミッドナイトララバイ:サラ・パレツキー

広辞苑柄のブックカバー、使おうとしたら、全然本が入らない…。
岩波文庫しか受け付けないとか?



4150753717ミッドナイト・ララバイ ((ハヤカワ・ミステリ文庫))
サラ・パレツキー 山本やよい
早川書房 2010-09-10

by G-Tools


40年前の吹雪の夜、彼は忽然とシカゴの町から姿を消した…偶然のきっかけで、消えた黒人青年の叔母の依頼を受けたわたしは、昔の失踪事件を調べることになる。時間の壁だけが障害かと思われた調査だが、失踪の影にはもうひとつの事件が隠されていた。隠蔽されてきた唾棄すべき事実の露見を怖れる何者かが妨害を始め、わたしの身辺に次々とトラブルが!どんな圧力にも屈しない、V・I・ウォーショースキーの真骨頂。


主人公のヴィクがこれまたすごくカッコいいのだ。
別に無敵でも超能力があるわけでもなく、怖い思いをすれば脅えてるし、なんかもう身体中ボロボロだよ…ってくらい怪我は多いし。
性格的にも、思ったことが瞬間口から出るから、トラブルになることも。
だけど、仕事に対する姿勢は真剣だし、そうは言っても人に好かれてる。
困難を極める依頼であっても、彼女はその期待に応えるべく、町中を走り回る。
たとえその真実が自分の命に危険がせまろうとも、正義を追求する姿勢だけは変わらない。
そんなヴィクに超惚れる!
posted by 棗 at 20:26| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

或る家の秘密:スティーヴ・ロビンソン

CSI見てたら、アダム・ノシムリ(Hawaii Five-0)が、かなり難易度のたかいへんたい役やってたんだけど、過去モジー(ホワイトカラー)の演じたアレのほうが、へんたい度は高いか…?
いやどちらもドラマ史上すてきにヘンタイな役で甲乙つけがたいな。


4596550794或る家の秘密 (ハーパーBOOKS)
スティーヴ ロビンソン 高里 ひろ
ハーパーコリンズ・ ジャパン 2018-02-17

by G-Tools

ジェファーソン・テイトは米国随一の家系調査士。依頼を受け家系図を作る毎日だが、ある富豪からの仕事に苦戦していた。数百年前に渡英した一族のうち6人の記録が不可解に消えていたのだ―まるで歴史から抹殺されたかのように。系図を完成すべくイギリスに渡ったテイトは彼らの足跡を辿るが、その周辺で謎の失踪や死亡事故がいくつも起きていると判明し…。一族に隠された悲しい真実とは!?

そういえば家系調査士って、CSI見ててその存在を知ったなあ…。

それにしてもこうやって古い記録の中から家族の歴史を掘り起こして行くという作業に、なんだかすごくロマンを感じてしまうなあ。
その時代を確かに生きた人たちがいて、それに触れることが出来るというのはやはりすごいなと。
そんな家系調査士のJTの物語は、この先も続くらしいので、ぜひ翻訳版を出して欲しいところ…。お願いしますよ、ハーパーコリンズさん。

posted by 棗 at 17:55| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

許されざる者:レイフ・GW・ペーション

叛獄の王子2届いたんだけど、今後の刊行予定を見て、歓喜中。
これで4月からの暗黒の毎日も乗り切れる…!(と信じてる)


448819205X許されざる者 (創元推理文庫)
レイフ・GW・ペーション 久山 葉子
東京創元社 2018-02-13

by G-Tools

国家犯罪捜査局の元凄腕長官ヨハンソン。脳梗塞で倒れ、命は助かったものの麻痺が残る。そんな彼に主治医が相談をもちかけた。牧師だった父が、懺悔で25年前の未解決事件の犯人について聞いていたというのだ。9歳の少女が暴行の上殺害された事件。だが、事件は時効になっていた。ラーシュは相棒だった元刑事らを手足に、事件を調べ直す。スウェーデンミステリの重鎮による、CWA賞インターナショナルダガー、ガラスの鍵賞等五冠に輝く究極の警察小説。


久々の北欧ミステリ!
個人的に安楽椅子探偵ものって自分のなかでツボではないかなあと思ってたんだけど、この作品はすごくおもしろくよめたのは、探偵役のヨハンソンの手足となって働くまわりのキャラたちの個性がすごく際立ってたからかなあと。
介護士のマティルダなんかすごくいいのに、このメンバーでの謎解きは今後ないんだろうなあと思うとすごく残念。

続きを読む
posted by 棗 at 08:22| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

お弁当代行屋さんの届けもの:妃川螢

NCIS見てたら、みんなが突然恋のマイアヒ歌い出して、懐かしさにのたうちまわった。


4040724488お弁当代行屋さんの届けもの (富士見L文庫)
妃川 螢 イシヤマアズサ
KADOKAWA 2017-09-15

by G-Tools

フレンチシェフとして活躍した石嵜眞琴が始めた“お弁当代行屋”には、ワケアリの依頼がやってくる。今度のオーダーは事故で母を失って以来、どんなお弁当も食べられなくなってしまった5歳の透のお弁当。眞琴は血のつながらない甥の陽仁とともに、依頼人の思い出からレシピを探り、味付けから盛り付けまで、お母さんのお弁当を再現するのだが…。「お弁当を届けにいくんじゃない。想いを届けにいくの」幼い透が望んだ、本当のこととは―?心を温かく満たしてくれる、3編のお弁当の物語。



最近は、食べ物系小説ホントに増えましたよねえ。
おかげで読む楽しみも増えたというものです。
そしてお弁当モノが最近のトレンドなのかなあ?

続きを読む
posted by 棗 at 07:50| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする