2018年06月23日

ボーン・コレクター

NCISニューオリンズとMajor Crimesを見返してるところなんだけど、吹替だとまたすごく新鮮味があってよい。


ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)
骨の折れる音に耳をすますボーン・コレクター――すぐには殺さない。
名探偵リンカーン・ライムの登場を告げる名作。
空港に降り立ったばかりの男女が姿を消し、一人が死体で発見された。ニューヨーク市警が捜査協力を要請したのはリンカーン・ライム、事故で脊椎を損傷して四肢麻痺の状態にある科学捜査の天才である。自死を考えていたライムだったが、この依頼に生きる目的を見出し、刑事アメリアを自身の手足として、綿密な捜査を開始する。遺体の発見現場で見つかったのは第二の被害者の手がかりを示す犯行予告だった。そこに記されたデッドラインまでに被害者の監禁場所を探り出し、救出することはできるのか? ニューヨークの地下を動き回る狡知な殺人鬼ボーン・コレクターVS四肢麻痺の名探偵。熾烈な頭脳戦の果てに姿をあらわす、あまりに意外な犯人。「ドンデン返しの魔術師」ディーヴァーが誇る名シリーズ、記念すべき第一作!


B003JDVGSAボーン・コレクター [Blu-ray]
ジェレミー・アイアコン
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 2010-05-26

by G-Tools


久々に映画版。
すごく昔の作品なんだとはおもってたけど、ライムのアメリアへの「パソコン使えるか?」の発言から、そーとー古いなと確信。
まあ確かにみんな若いよ。
よくよく調べたら2000年の作品だった。
この映画がすごく興味深くて、けっきょくディーヴァー作品にハマるきっかけに。

ところでデンゼル・ワシントンとアンジー、そしてクイーン・ラティファが出演してたことはきっちり覚えてたんだけど、それ以外にも、わりとドラマで見たことある俳優さんが出てて、ひとりで興奮してたんだけど、それ以上に衝撃だったのはマイケル・ルーカーが出てたこと…。
っていうか見てる時には全く気付いてなくて、あとで調べてわかったんだけど。
だめだよ、顔が青くないとわからないよ…。

そういえばボーンコレクターはNYが舞台だったんだなあと。
見ながら、なんだかキャッスルに出てくる建物みたいだなあとぼんやり思った。


posted by 棗 at 12:50| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: