2013年12月31日

2013年に面白かった本

2013年に読んだ中から、小説&マンガのベスト。
小説8作+マンガ2作で合計10作品。



2012年版はコチラ



折りたたみます。



宰領: 隠蔽捜査5
「宰領 隠蔽捜査5」今野敏
この隠蔽捜査と安積班はずっと追いかけてるシリーズ。
安積班はチーム感が強いけど、こっちは竜崎さんと伊丹さんの水と油コンビの混ざらない感じがいいですね。
今回は、事件の顛末もなかなか意外で楽しめた。
ところで、今野さん来年は新聞連載開始だよ!
切り取ってスクラップしてしまおうかな。
忘れないようにしないと…。家族に協力を求めなければ危ういかもしれない。


封殺鬼 数え唄うたうもの (ルルル文庫)
「封殺鬼 数え唄うもの」霜島ケイ
三吾が主役〜(*´д`*)
というだけで大満足(笑)
今回のはいつもよりオカルトテイスト強め?
三吾主役だと、どうしてもそんな雰囲気のような気がするなあ。
でも彼の活躍が拝めるけどね(*´д`*)
このままシリーズが続くことを切に願います!お願い小学館さん!


サイバー・コマンドー
「サイバー・コマンドー」福田和代
エンタメ小説として私の好みにピンポイントで突かれた作品。
こういうギークな男子に弱いんだよ…。
話の題材もかなり好きな感じだったし。
ただこういう自体が引き起こされないことは切に願う。


まほろ駅前狂騒曲
「まほろ駅前狂騒曲」三浦しをん
まほろはこれでおわりってことなのかな?
いろんなキャラ入り乱れての事件に次ぐ事件で飽きるヒマもなかった感じ。
いや、シリーズで一番面白かったよ。


緑衣の女
「緑衣の女」アーナルデュル・インドリダソン
この人の描く暴力は手加減なしで読んでて辛い。
辛いけど、未来も希望もないかと思えば、どこか救いはありそうな気がする。


特捜部Q ―カルテ番号64― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
「特捜部Q カルテ番号64」ユッシ・エーズラ・オールスン
これは、ある事実に基づいて書かれてるというのが衝撃的すぎて、ちょっと言葉がない。
それくらい事件の背景にある出来事が、酷すぎる。
人って、どこまでも残酷だ…。


三秒間の死角 上 (角川文庫)三秒間の死角 下 (角川文庫)
「三秒間の死角 上・下」アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム
2013年、文句なしでナンバーワンの面白さだった。
一人の刑事、潜入捜査官、黒幕その三つ巴の攻防に最後までどきどきしながら読めた。
ところで、潜入捜査官といえば、どうしてもアメリカのドラマなんかで刑事が組織なんかに潜入するイメージがあったんだけど、これはまたちょっと違うんだよね。
犯罪者をスカウトして、潜入捜査官に仕立て上げるという。
そういう違いもなかなか楽しめた感じ。


白雪姫には死んでもらう (創元推理文庫)
「白雪姫には死んでもらう」ネレ・レイハウス
これは、話もさることながら、自分的にはタイトルが狡いなと(笑)
なんていうか、すごく手に取りたくなる感じでした。
田舎町で起こった不幸な事件の顛末とやるせない結末…。


STEEL BALL RUN ―ジョジョの奇妙な冒険Part7 コミック  全24巻 完結セット (ジャンプコミックス)
「ジョジョの奇妙な冒険第七部1〜24」荒木飛呂彦
2013年にハマりにハマったマンガはこれでしょ!!!ってくらい萌え滾りました。
ジョニィ、サイコー。
とはいえ、途中までは「?」って感じであんまりハマってる感はなかったんだけど、ワインのシーンでがっちハートをキャッチされてしまいましたよ…。


山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)山賊ダイアリー(2) (イブニングKC)山賊ダイアリー(3) (イブニングKC)山賊ダイアリー(4) (イブニングKC)
「山賊ダイアリー1〜4」尾崎健太郎
読みながら、魚釣りがOKで狩猟がダメな理由を自分なりに考えてしまう…。
しかし、イノシシ出ると驚くよね。
あれに道路で出会ったときの衝撃といったら…。






今年もいろんな本に出会えた幸せな1年でした、来年はどんな本が読めるかな〜。
ということで、皆様お年をお迎えください。

posted by 棗 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック