2012年12月31日

2012年に面白かった本

BLはベストを毎年出してるのに、一般書はなんでやってないんだ!と気付いて今年は作ってみました。
そしてわかった、すごく大変…だからずっとしてなかったんだ…。

2012年に私が読んだ中から10作品(シリーズはまとめました)選びました。




折りたたみます。




「クローバー・レイン」大崎梢
大崎さんの作品の中で一番好きかもって思った作品。
本に携わる人たちのお話が多い中、ズバリ編集者が主人公。
あいかわらず絶妙に感じが悪いタイプの人が登場するのが、大崎作品だなと。



「147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官」川瀬七緒
CSIなんかではおなじみの、犯罪現場と虫のお話。
法医昆虫学捜査官が、かなり変な人で、かなりお気に入り。



「サクリファイス」近藤史恵
…これは、自転車競技に対して認識ががらりと変わった。
早く続きが文庫化しないかと待ってたら、出てました(笑)


封殺鬼 クダンノ如シ 上 (ルルル文庫)封殺鬼 クダンノ如シ 中 (ルルル文庫)封殺鬼 クダンノ如シ 下 (ルルル文庫)
「封殺鬼 クダンノ如シ 上・中・下」霜島ケイ
ツンデレキタ━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!な桐子様と志郎の物語も終わりを迎えましたね。
なんらかのかたちでまた彼らに逢えたらいいなあ。



「素人がいっぱい-ラブホリックの事件簿」新野剛志
新野さんのお仕事モノ、今度はズバリ風俗業界。
これがすごく面白かった。
あいかわらずキャラがすごく魅力的。


角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2011-03-30


「ジェノサイド」高野和明
去年話題になってた本を今年やっと。
そしたら、すごく面白くて引き込まれて読んでしまった。
もしかしたら、将来起こりうるかもしれないよね…。



「開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU―」皆川博子
皆川博子さんは、耽美ですごく格調高いってイメージがあったんですけど、この話はエンターテインメント要素がすごく強くて、面白く読めました。
キャラが生き生きしてるし。
その昔、法医学はこんなにも否定されてたんだな…。



「太陽は動かない」吉田修一
情報の持つ価値について考えさせられた。


特捜部Q ―檻の中の女― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1848)特捜部Q ―キジ殺し―― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1853)特捜部Q ―Pからのメッセージ― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
「特捜部Q 檻の中の女」「特捜部Q キジ殺し」「特捜部Q Pからのメッセージ」ユッシ・エーズラ・オールスン
北欧ミステリに夢中だった2012年。
その中でも、このシリーズがキャラもストーリーもダントツで面白かった。
しかし、事件は胸くそ悪くなる…。



「ダース・ヴェイダーとルーク(4才)」ジェフリー・ブラウン
この本は反則でしょ?
こんな親子だったら、スターウォーズにはなってないですね、きっと(笑)


それでは皆さま、よいお年を。
posted by 棗 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック