2018年06月23日

ボーン・コレクター

NCISニューオリンズとMajor Crimesを見返してるところなんだけど、吹替だとまたすごく新鮮味があってよい。


ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)
骨の折れる音に耳をすますボーン・コレクター――すぐには殺さない。
名探偵リンカーン・ライムの登場を告げる名作。
空港に降り立ったばかりの男女が姿を消し、一人が死体で発見された。ニューヨーク市警が捜査協力を要請したのはリンカーン・ライム、事故で脊椎を損傷して四肢麻痺の状態にある科学捜査の天才である。自死を考えていたライムだったが、この依頼に生きる目的を見出し、刑事アメリアを自身の手足として、綿密な捜査を開始する。遺体の発見現場で見つかったのは第二の被害者の手がかりを示す犯行予告だった。そこに記されたデッドラインまでに被害者の監禁場所を探り出し、救出することはできるのか? ニューヨークの地下を動き回る狡知な殺人鬼ボーン・コレクターVS四肢麻痺の名探偵。熾烈な頭脳戦の果てに姿をあらわす、あまりに意外な犯人。「ドンデン返しの魔術師」ディーヴァーが誇る名シリーズ、記念すべき第一作!


B003JDVGSAボーン・コレクター [Blu-ray]
ジェレミー・アイアコン
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 2010-05-26

by G-Tools


久々に映画版。
すごく昔の作品なんだとはおもってたけど、ライムのアメリアへの「パソコン使えるか?」の発言から、そーとー古いなと確信。
まあ確かにみんな若いよ。
よくよく調べたら2000年の作品だった。
この映画がすごく興味深くて、けっきょくディーヴァー作品にハマるきっかけに。

ところでデンゼル・ワシントンとアンジー、そしてクイーン・ラティファが出演してたことはきっちり覚えてたんだけど、それ以外にも、わりとドラマで見たことある俳優さんが出てて、ひとりで興奮してたんだけど、それ以上に衝撃だったのはマイケル・ルーカーが出てたこと…。
っていうか見てる時には全く気付いてなくて、あとで調べてわかったんだけど。
だめだよ、顔が青くないとわからないよ…。

そういえばボーンコレクターはNYが舞台だったんだなあと。
見ながら、なんだかキャッスルに出てくる建物みたいだなあとぼんやり思った。


posted by 棗 at 12:50| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官:川瀬七緒

BANANAFISHのトレーラー見てたら、スマホが出てきて驚いたのなんのって。



4062210215紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官
川瀬 七緒
講談社 2018-04-26

by G-Tools

東京都内の古民家で、おびただしい血痕と3本の左手の小指が見つかった。住人の遠山という高齢夫婦とその客人のものと思われたが、発見から1ヵ月経っても死体は見つかっていない。いっこうに捜査が進展しない中で岩楯警部補は、相棒の鰐川と事件現場を訪れ近所の聞き込みを始める。他方、法医昆虫学者の赤堀は科捜研を再編成した「捜査分析支援センター」に配属されていた。法医昆虫学と心理学分野、技術開発部の三つが統合された新組織だ。所属のせいで事件現場には立ち入れなくなったものの、同僚のプロファイラーと組んで難事件に新たな形で挑戦を!



なんかもうスーパーで買い物する時、すごく添加物が気になってしまうじゃないか…。



続きを読む
posted by 棗 at 17:26| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

兄弟!

タワーリングインフェルノ、ロバート・ヴォーンさん出てたの!?



B079TQR5R7SCORPION/スコーピオン シーズン2 <トク選BOX>(12枚組) [DVD]
パラマウント 2018-05-09

by G-Tools


マリソル(CSIマイアミ)出てるなあ、でも吹替の声が違うから、イメージ全然違う…。

見終わって特典映像観てたら、アダム・ロドリゲス出てるんだけど、俳優ではなく監督として。
それが今回の一番の衝撃。


続きを読む
posted by 棗 at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

ミッドナイトララバイ:サラ・パレツキー

広辞苑柄のブックカバー、使おうとしたら、全然本が入らない…。
岩波文庫しか受け付けないとか?



4150753717ミッドナイト・ララバイ ((ハヤカワ・ミステリ文庫))
サラ・パレツキー 山本やよい
早川書房 2010-09-10

by G-Tools


40年前の吹雪の夜、彼は忽然とシカゴの町から姿を消した…偶然のきっかけで、消えた黒人青年の叔母の依頼を受けたわたしは、昔の失踪事件を調べることになる。時間の壁だけが障害かと思われた調査だが、失踪の影にはもうひとつの事件が隠されていた。隠蔽されてきた唾棄すべき事実の露見を怖れる何者かが妨害を始め、わたしの身辺に次々とトラブルが!どんな圧力にも屈しない、V・I・ウォーショースキーの真骨頂。


主人公のヴィクがこれまたすごくカッコいいのだ。
別に無敵でも超能力があるわけでもなく、怖い思いをすれば脅えてるし、なんかもう身体中ボロボロだよ…ってくらい怪我は多いし。
性格的にも、思ったことが瞬間口から出るから、トラブルになることも。
だけど、仕事に対する姿勢は真剣だし、そうは言っても人に好かれてる。
困難を極める依頼であっても、彼女はその期待に応えるべく、町中を走り回る。
たとえその真実が自分の命に危険がせまろうとも、正義を追求する姿勢だけは変わらない。
そんなヴィクに超惚れる!
posted by 棗 at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

パシフィック・リム

今、スコーピオンのDVDもみてるところで、なんだかすっかり杉田さん祭り…。


B00KI8MYG2パシフィック・リム [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2014-07-09

by G-Tools


なんの情報もないまま見たから、まさかの怪獣出てくる映画だったことに驚いたよ!
そんなわけで楽しく見たわけなんだけど、なにより興奮したのは、私のお気に入りの海外ドラマでよく見かけるイケてるオジ様・Max Martiniが出てたことだよ!!!

しかし、今度あるという続編には出ないことが不満…。
っていうか、メンバー大分変わっちゃうんだね。
posted by 棗 at 13:16| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする