2019年04月13日

ザ・プロフェッサー:ロバート・ベイリー

新元号対応、私には関係ないと思ってたんですよ…。(今大変なことになってる)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・プロフェッサー (小学館文庫) [ ロバート・ベイリー ]
価格:1047円(税込、送料無料) (2019/4/13時点)



アラバマ大学の教授トムは、元大学フットボールの全米王者。弁護士として活躍した後、母校の法学者として順風満帆な人生を送ってきたが、いまは絶望の中にいた。癌で妻を失い、信頼していた友人からの裏切りに遭い、不名誉な罪を着せられて職を追われ、さらにトム自身も膀胱癌に冒されていることが判明。昔の恋人から「娘一家を奪ったトレーラー事故の真相を知りたい」と相談されるが、教え子のリックに弁護の橋渡しをして故郷に身を隠してしまう…。正義をあきらめない者たちが、死力を尽くし人間の矜持を賭けて法廷で闘う。全米で話題の胸熱リーガル小説!



権力と金にモノを言わせて、事故を隠蔽したい大企業と、身も心もぼろぼろの崖っぷち大学教授とその教え子の売れっ子ではない弁護士コンビの物語。
いやもう絵に描いたようなあくどい会社側のやりくちに心底腹が立つけれど、どんな状況に追い込まれても不屈の精神で、不利な状況をひっくり返していくトムたちがほんとに読んでてすごく爽快。
トムは、突然たくさんのものを失い、心身ともに疲れ果て何もかもをあきらめたがっていたけれど、彼が何年もかけて育てていった教え子たちは、彼を見捨てたりしない。
彼の人生を一度はすべて否定し蹴散らした人たちを見返すかのように、彼の育てた人たちはそれに答えるかのように彼を支えている。
その優秀な教え子の一人のボーが、すごく素敵なキャラなんだけど、次巻の主人公らしいので、翻訳版が楽しみ。
トムとリックのコンビの活躍もまだまだ読みたい。

posted by 棗 at 11:59| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

記憶が遠い

オメガ・バースって、ずっと"Omega Birth"だと思ってた…。





シーズン4の22話「闇夜に浮かぶ観覧車」。
スティーヴ!じゃなくて、アレックス・オローリン!
強迫神経症のシリアルキラー、そしてメガネで分厚いコート姿…。
やっぱり俳優さんってすごいなあ。

しかし記憶の片隅にあの姿覚えてたんだけど、別のエピソードだと思ってた。
記憶って…当てにならなさすぎる。

posted by 棗 at 20:22| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

手元に置いておきたい派

やっぱりたっつんのファンみたい。(本人に確認はしてないけど…)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HAWAII FIVE-0 シーズン7 <トク選BOX> [ アレックス・オロックリン ]
価格:3852円(税込、送料無料) (2019/2/21時点)









ちょっと!どういうこと。
発売日重なるとか、どういうこと。
しかも、大型連休後とかどういうこと…。

BULLは一話だけ見たんだけど、想像よりずっと面白かった。
ライ・トゥー・ミーも好きだったので、こういう人に心理に迫る話は楽しめる。
ただ、NCISをずっと吹き替えでみてるものとしては、マイケル・ウェザリーの声に驚く。

Hawaii Five-0、シーズン7は確か、ルー・ダイアモンド・フィリップスが出るはず〜。
あと、スティーヴの元カノ・キャサリンも。
サン・ミンも出てくれたら言うことない。(どんだけ好きなの…)




posted by 棗 at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

友達つくるの下手です

かわいい刺しゅう、現在10号のところやってるんだけど、手元には13号まである。
想定内…。









なんの心構えをないまま同志を発見した場合、どう対処すべきなのか。(ってめちゃくちゃ、おおげさだな…)


続きを読む
posted by 棗 at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

マキとマミ〜上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話〜:町田粥

ヘルハイの4巻読み終わって、ちょっと魂抜けちゃってる…。






今推しジャンルがある人も、公式からの供給が途絶えた人も、隠れ傷つく全国のオタにおくる社会人オタクライフコミック。隠れオタあるある満載。オタクへの憧れと理想と劣等感が詰まった本。



まるで共感しかないおたくあるある。
その昔がっつり某バスケマンガにはまってたときのこと思い出して、わかるー…と。
ほんとにあのころこれだけSNSが普及してたら、私どうしてたかなあ。
私の愛したSとKでツイートがすごい流れてたかしら…とちょっと思いをはせてみたくなる。
私はきっと気持ち悪いくらい愛を語っただろう…(遠い目)


続きを読む
posted by 棗 at 21:06| Comment(0) | 本・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする